加齢により起こる目の病気

顔の手入れ

視野が狭くなり危険

人間は年を取ると目が小さくなってしまう人がいますが、その原因が眼瞼下垂です。加齢により上まぶたの筋肉が衰え、皮膚が目に被さってしまうのです。それで目が小さくなったように見えるのです。これは外見を変えるだけでなく視野を狭め、ひどくなると周りの状況を把握しづらくなります。また、よく見ようとするため、額にしわを寄せたりするのでシワの原因にもなります。その目の疲れによって頭痛を起こしたり、肩のコリの原因にもなります。眼瞼下垂は加齢が主な原因ですが、ほかにも生まれつきの人やコンタクトレンズの影響などで若年でこの症状が出る人もいます。そのままにしておくと症状は進みます。視野を広げるためにする眼瞼下垂の治療はほとんどが手術です。

その予防と手術

眼瞼下垂の手術はレーザーメスを使って出血を少なくし、ミュラー筋という薄い筋を短くする手術が主に行われています。これは比較的簡単な手術で時間も従来よりかかりません。また、軽い症状だと目の上の皮膚を引っ張り上げ切除する方法もあります。眼瞼下垂はまぶたを持ち上げる筋肉であるミュラー筋がたるんで起こります。目を強くこすったりするとミュラー筋に影響します。また長時間のコンタクトレンズの使用やデスクワークでパソコンの使用は目に負担をかけます。目をなるべく疲れさせないことが眼瞼下垂の予防になるのです。またデスクワークの時などは、時々目線を下に下げてミュラー筋を休ませることが大切です。化粧をとる時も目の周りは優しく扱いましょう。